抗菌性(繊維製品)

繊維製品の抗菌性試験

JIS L 1902(繊維製品の抗菌性試験方法及び抗菌効果)
a)定性試験(ハロー法)
b)定量試験(生菌数の測定:混釈平板培養法または発光測定法)

  • 菌液吸収法
  • 菌転写法

試験には定性試験と定量試験があり、一般社団法人繊維評価技術協議会SEKマーク繊維製品認証基準では菌液吸収法または菌転写法により性能を評価しています。

加工の種類と試験対象菌種

機能加工には抗菌防臭加工と制菌加工(一般用途及び特定用途)があり、加工の種類により試験対象菌種が異なります。
機能加工名 抗菌防臭加工

制菌加工

一般用途

制菌加工

特定用途

SEKマークの種類    

試験対象菌種

黄色ぶどう球菌

試験対象菌種

肺炎かん菌

 - ● 

試験対象菌種

緑膿菌

-

試験対象菌種

大腸菌

-

試験対象菌種

モラクセラ菌

-

試験対象菌種

MRSA

-  -

対象製品

(乳幼児品除外)

衣料品・寝装品・

インテリア用品など 

一般家庭で

使用する製品 

医療施設ならび

にそれに準ずる

施設用品

●印は試験対象必須菌、○印はオプション対象菌

抗菌防臭加工:繊維上の細菌の増殖を抑制し、防臭効果を示すことを目的とする加工
制菌加工:防臭を主たる目的とするものではなく、繊維上の皮膚常在菌及び有害細菌が増えないようにする加工

評価基準

抗菌防臭加工と制菌加工(特定用途)ではJISとSEKの評価基準が異なります。
試験の種類  加工の種類 評価基準
定性試験   ハロー法 抗菌防臭加工、制菌加工  ハローがあるもの
定量試験  菌液吸収法 抗菌防臭加工 静菌活性値 ≧2.2 (SEK)
≧2.0 (JIS)
定量試験 菌液吸収法 制菌加工(一般用途) 殺菌活性値 ≧0
定量試験 菌液吸収法 制菌加工(特定用途) 殺菌活性値 >0 (SEK)
≧0 (JIS)
定量試験 菌転写法 制菌加工(特定用途) 菌減少値 >0.5 (SEK)
≧0 (JIS)

静菌活性値 S =(Mb-Ma)-(Mc-Mo)
殺菌活性値 L =Ma-Mc
Ma:標準布の試験菌接種直後の3検体の生菌数の常用対数値の平均値
Mb:標準布の18時間培養後の3検体の生菌数の常用対数値の平均値
Mo:加工試料の試験菌接種直後の3検体の生菌数の常用対数値の平均値
Mc:加工試料の18時間培養後の3検体の生菌数の常用対数値の平均値

抗菌性(繊維製品)についてのお問い合わせ

業務案内

kk-banner.png20180731.png
キューテック閲覧システム

業務案内

アクセス

公開情報

インフォメーション

認定事業者リスト

財団概要

利用規約 | サイトマップリンクお問い合わせ

Copyright © Japan Textile Products Quality and Technology Center