1. HOME
  2. 業務案内
  3. 試験業務
  4. 洗濯

洗濯

家庭洗濯において、「衣料品の色が変わらないか」「他の洗濯物に色移りしないか」を調べる。
(試験は、洗濯作用を反映させた促進試験により、短時間で実施する。)

洗濯に対する染色堅ろう度試験

目的

家庭洗濯において、「衣料品の色が変わらないか」「他の洗濯物に色移りしないか」を調べる。
(試験は、洗濯作用を反映させた促進試験により、短時間で実施する。)

試験

  1. 試料を10×4cmの大きさに切って、2種類の添付白布を縫い付ける。
  2. 洗濯液と試料を試験瓶に入れ、試験瓶を専用の洗濯試験機で回転させる。
  3. 試料をすすぎ、乾燥させて、判定する。

試験条件

試験の種類洗濯液洗濯液量洗濯液温度回転時間
A-1号5g/ℓ
(石けん液)
100ml40± ℃30分
A-2号5g/ℓ
(石けん液)
100ml50± ℃30分

試験機及び試料

専用の洗濯試験機

専用の洗濯試験機

洗濯試験の試験瓶

試験瓶

洗濯試験の試料

試料

  • btn-blog
  • btn-useful
  • btn-useful
PAGE TOP