JNLAロゴ証明書

試験事業者のマネジメントシステム、技術能力がISO/IEC 17025、JIS Q 17025(試験所及び校正機関の能力に関する一般基準)に適合する場合に認められます。

登録試験事業者業務(JNLA)

試験事業者登録制度とは

平成16年に改正された工業標準化法第57条の定めによって、試験事業者がJISの試験を適切に実施する能力があるかどうかを国が審査し、登録する制度です。(これまでは、旧日本工業標準化法第57条の定めによる試験所認定制度があり、平成9年12月に東部事業所、中部事業所、西部事業所が認定を受けています。)
登録は、試験事業者のマネジメントシステム、技術能力がISO/IEC 17025、JIS Q 17025(試験所及び校正機関の能力に関する一般基準)に適合する場合に認められます。
登録された試験事業者は、工業標準化法第58条の定めによって、証明書に登録された範囲の試験方法によった特別な標章(ロゴ:図1)を表示することができます。
さらに、QTECは、国際MRA対応の登録試験事業者として認定されており、国際MRA対応認定事業者の証としてILAC MRAマーク(図2)の入った試験証明書を発行することができます。

QTECは、登録試験事業者として、平成17年5月に東部事業所と福井試験センターを、同年8月に中部事業所と西部事業所、平成24年5月に神戸試験センターを登録試験所として登録しています。
3事業所、2試験センターは、次の区分の製品についてJISの要求事項に適合することを明らかにするための試験を行い、ILAC MRAマークを表示した証明書を発行することができます。

この証明書は、次の区分の製品がJISの要求事項に適合することを宣言しようとされる場合(JIS自己適合宣言)にご利用になれます。
ぜひともご利用賜りますようご案内申し上げます。

登録試験方法の範囲

kk-banner.png20180731.png
WEB閲覧システム

業務案内

アクセス

公開情報

インフォメーション

認定事業者リスト

財団概要

利用規約 | サイトマップリンクお問い合わせ

Copyright © Japan Textile Products Quality and Technology Center