QTECとサステナビリティー

QTECとサステナビリティー

2015年9月、国連にて採決された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」と、その目標である「持続可能な開発目標(SDGs)は、QTECが掲げている「繊維製品等の品質と技術の向上を実現し、地球環境の保全に努め、持続可能な社会を目指す」ビジョンと関連する部分が多いと考えています。

QTECではサステナビリティーのビジョンを実現するために、

SDGsの考え方を取り入れながら次の目標を設定しています。

環境負荷の低減

繊維産業は、サプライチェーンを通じて、多くの化学物質を応用利用している産業です。QTECが加盟している、ZDHC(繊維及び靴のサプライチェーンで環境系への有害化学物質の排出ゼロを目指すZero Discharge of Hazardous Chemicals、)のスキームを参照して、サプライチェーン全体での化学物質や水とエネルギー使用の最適化を図ります。

社会的価値の向上

海外工場における児童就労や強制労働の実態や、国内工場での最低賃金、長時間労働の状況を監査、改善指導することで、サプライチェーンの最適化に向けてサポートします。

品質価値の向上

試験・検査を的確なタイミングで行うことにより、不良品の生産や納期遅延を減らし、サプライチェーンにおける資源とエネルギーの節約と有効利用を実現します。

人材育成・従業員満足度

役職員の育成に力を入れ、成長を促すことで、働きがいのある職場を実現すると同時に、私たちの業務の業界全体の経済成長に繋がるよう努力致します。

一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
業務管理部 新規事業課
田坂 俊樹

業務案内

アクセス

公開情報

インフォメーション

認定事業者リスト

財団概要

利用規約 | サイトマップリンクお問い合わせ

Copyright © Japan Textile Products Quality and Technology Center