ごあいさつ

ごあいさつ

QTECは、常にお客様目線に立ち、価値ある機能の提供に邁進します

私たち、一般財団法人日本繊維製品品質技術センター(略称 QTEC)は、1948年設立の財団法人繊維雑品検査協会、財団法人日本メリヤス検査協会、財団法人縫製品検査協会の3検査機関が1993年に合併し、翌1994年に財団法人撚糸・縫糸検査協会、1997年に財団法人麻製品検査協会が加わり誕生した繊維総合試験・検査機関です。昨年で創立70周年、QTEC設立25周年を迎えました。
業務分野はアパレル製品、生活用品、産業資材、微生物等の試験業務に加えて、製品検査、工場指導、監査などの検査業務にも強みを有しています。
私たちのモットーは、何事に対しても誠意を持って対応することです。
ライフスタイルや消費者のニーズが多様化し、少子高齢化や女性の社会的進出など、社会構造が変化する中、消費者の安全・安心に対する意識も更に高まっており、私たちに求められるニーズも多岐にわたってきています。
お客様のニーズを先取りし、お客様に寄り添った「丁寧なプロの仕事」、価値ある機能を提供することで、私たちのレゾンデートルを発揮していきます。
また、それには、私たち自身も、時代の変化に合わせて、変革と実行を絶え間なく続けていくことが必要です。役職員の育成に力を入れ、成長を促すことで、お客様から信頼とご満足をいただけるよう努めていきます。

私たちは、グローバル化への対応や、サステナビリティ推進も事業戦略の重要テーマに挙げています。国際標準規格化(ISO化)へのしっかりとした取組みを進め、日本市場での普及、定着に向けた活動を重点施策としています。
また、海外場所での当該国基準の試験を含む試験検査サービスなど海外事業の充実に一層力を入れていきます。
更には、一般社団法人繊維評価技術協議会との活動などを通じて、品質試験等の関連法令に関する実務に合った内容への改正の働きかけ、或いは新しい試験方法の開発・改善によるお客様の利便性向上などを積極的に行っていきます。

私たちは、コンプライアンスは何よりも優先されるとの考えに立ち、これからも、業務分野を通じて世の中に安全と安心をもたらすために、常にお客様に寄り添い、そして地球環境と社会の変化を的確に捉えて、業務活動を通じて、地球環境の保全に努め、持続可能な社会の実現に努めて参ります。
今後とも、より一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
理事長 山中 毅

業務案内

アクセス

公開情報

インフォメーション

認定事業者リスト

財団概要

利用規約 | サイトマップリンクお問い合わせ

Copyright © Japan Textile Products Quality and Technology Center