1. HOME
  2. 財団概要
  3. インフォメーション
  4. ZDHC (Zero Discharge of Hazardous Chemicals)加入について

インフォメーション

ZDHC (Zero Discharge of Hazardous Chemicals)加入について

お知らせ
2019.01.23

一般財団法人日本繊維製品品質技術センター(略称:QTEC)は、世界的な関心の高まりを受け、前年度より「わが国繊維産業におけるサステイナビリティー(持続可能性)への取組支援」を主要施策として推進しておりますが、この度、その一環として2019年1月23日、ZDHC(繊維及び靴のサプライチェーンで環境系への有害化学物質の排出ゼロを目指すZero Discharge of Hazardous Chemicals、)に新たに加入しましたので、お知らせします。
ZDHCは、世界の繊維及び靴業界の化学物質の適正管理をリードする、グローバルブランド企業と関連企業及び団体が加入している連合です。
世界の化学物質については、一部に有害な物質の存在が知られることから各国で法律によって規制がなされていますが、その対象物質は必ずしも同一ではありません。国際的にもこの問題が議論され、戦略的な管理の必要性が国連の場でも合意されてきたところです。しかし、様々な理由から、その規制内容の整合化と規制強化は進んできませんでした。そこで、研究者や環境NGOから、産業界に対しては、各国の規制遵守は無論のこと、さらに取組の強化を求める動きが生まれています。その対応として誕生したのがZDHCです。

化学物質の管理では、20世紀には顕在化した問題への対応として各国の法律による規制が開始され、その後、1990年代以降、民間の試験機関で提唱する規格が複数誕生し、更に2010年代以降、グローバル企業が連合を組織して適正化を主導する構図となって来ています。

QTECでは、持続可能性の観点から、これまでの最終製品での有害物質の含有規制対応に留まらず、工程での有害化学物質の使用の全廃を目指して活動しているZDHC に加入することで、製品安全に加え、産業従事者の労働衛生と環境の保全を目指す活動を展開してまいります。

QTECのZDHCへの加入によって、ZDHC のメンバーブランド企業との直接間接に取引のある企業に対して、特に日本語による情報の提供と支援を行う事が可能となります。また、広範な化学物質の適正管理を志向される繊維製品のブランド企業や小売企業にも、ZDHC方式の取組み支援を行うことが可能となります。その他、他産業への繊維素材供給企業に向けても、工程の管理を始めとした化学物質の適正管理の支援を計画しているほか、繊維業界向けの化学品製造企業についてもZDHCの基準適合に向けた支援が可能となります。

ZDHCは、2011年に誕生した、化学物質の適正管理を目指す連合体で、2018年12月末現在、ブランド企業が27、そのサプライヤー、試験機関や化学品企業が76、業界団体や政府機関が18の合計121が加入しており、 本部はオランダのアムステルダムに置いています。
特徴は、従前の製品での含有物質の使用制限一覧(RSL)ではなく、環境系への有害化学物質の排出ゼロを目指し、工程での使用物質の制限に取組んでいます。排除すべき有害物質について、ZDHCとして独自に定めてその排除に取組んでおり、その対象は、法規制されている物質以外にも、リスクがあるとされる物質を含んでおり、工程使用制限物質一覧(MRSL)として公表されています。このMRSL及び同じく独自に定めたZDHC工場排水管理基準は、SAC(Sustainable Apparel Coalition)という企業連合にも採用されており、化学物質管理法として事実上の世界標準を目指すとされています。東アジアからは、中国の中国紡織工業連合会がZDHCと共催で年次化学物質の適正管理会議を2013年から開催してその手法を導入しているほか、韓国でも試験機関が加入しているなど、国際的な取組が開始されて来ていました。

日本繊維製品品質技術センター(QTEC)は、1948年に設立された(財)繊維雑品検査協会、(財)日本メリヤス検査協会及び(財)日本輸出縫製品検査協会を前身とし、繊維製品等の評価及び技術の指導業務を通して、それらの品質と技術の向上を実現し、社会の発展に貢献しようとしている第三者機関で、本部を東京に置いています。
衣料品、生活雑貨品、羽毛製品、産業資材品の製品と素材の品質試験、製品検査、工場や製品及び要員の認証業務を行っており、国内10箇所、海外8箇所に事業所及び試験センターを置いています。試験規格の国際規格であるISO の技術委員会にも委員派遣を行っている他、海外の試験機関とも連携を図るなど国際的な活動にも注力してきました。

サスティナビリティ分野での事業化にいち早く取り組み、今般、これまでの工場審査、監査業務の経験を活用し、ZDHCに加入することとなりました。

問い合わせ先
一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター(QTEC)
業務管理部 田坂俊樹
TEL:(03)3666-7053  Email:gyoumu@qtec.or.jp

  • btn-blog
  • btn-useful
  • btn-useful
  • お問い合わせ
PAGE TOP