1. HOME
  2. 業務案内
  3. 試験業務
  4. 抗菌性(光触媒製品)

抗菌性(光触媒製品)

光触媒抗菌加工は、酸化チタンなどの光触媒効果により繊維状の細菌の増殖を抑制する加工です。一般社団法人繊維評価技術協議会では、JIS R 1702(ファインセラミックス―光照射下での光触媒抗菌加工製品の抗菌性試験方法・抗菌効果:ガラス密着法)に基づく性能評価により、抗菌加工繊維製品の認証(SEKマーク)が行われています。
QTECでは一般社団法人繊維評価技術協議会の指定試験機関としてこれらの光触媒抗菌加工繊維製品の性能評価を行っています。

光触媒抗菌性試験

sek-photocatalytic-antibacterial

光触媒抗菌加工は、酸化チタンなどの光触媒効果により繊維状の細菌の増殖を抑制する加工です。一般社団法人繊維評価技術協議会では、JIS R 1702(ファインセラミックス―光照射下での光触媒抗菌加工製品の抗菌性試験方法・抗菌効果:ガラス密着法)に基づく性能評価により、抗菌加工繊維製品の認証(SEKマーク)が行われています。
QTECでは一般社団法人繊維評価技術協議会の指定試験機関としてこれらの光触媒抗菌加工繊維製品の性能評価を行っています。

試験方法

JIS R 1702(ファインセラミックス―光照射下での光触媒抗菌加工製品の抗菌性試験方法・抗菌効果)
a)フィルム密着法(プラスチック等の製品)
b)ガラス密着法(繊維製品)

JIS R 1702では2種類の試験方法がありますが、一般社団法人繊維評価技術協議会SEKマーク繊維製品認証基準ではガラス密着法により性能を評価しています。

r1702-glass

ガラス密着法の条件及び評価基準

紫外線放射条件試験対象菌*評価基準
波長:300~380nm
放射照度:0.25mW/cm2以下
放射時間:8時間
黄色ぶどう球菌
肺炎かん菌
静菌活性値 ≧2.0
(SEK基準では静菌活性値 ≧2.0 かつ
光照射による効果(明暗差) ≧1.0)

*SEKマーク繊維製品認証基準では全ての菌種で試験を実施する必要がある

SL(静菌活性値)= MBL-ML≧ 2.0
⊿S(光照射による効果) = (MBL-ML)-(MBD-MD
MBL :紫外放射照度条件での標準布の8時間光照射後の生菌数の常用対数値の平均値
ML :加工試験片を紫外放射照度条件で8時間光照射した後の生菌数の常用対数値の平均値
MBD :標準布の8 時間暗所放置後の生菌数の常用対数値の平均値
MD :加工試験片を暗所に8 時間置いた後の生菌数の常用対数値の平均値
 

  • btn-blog
  • btn-useful
  • btn-useful
PAGE TOP