1. HOME
  2. 業務案内
  3. 試験業務
  4. 抗菌性(プラスチック製品)

抗菌性(プラスチック製品)

一般社団法人抗菌製品技術協議会では、JIS Z 2801(抗菌加工製品?抗菌性試験方法・抗菌効果)に基づく性能評価により、抗菌加工製品へのSIAAマーク表示の認証が行われています。QTECは独立行政法人製品評価技術基盤機構よりJNLA登録試験事業者として登録されており、一般社団法人抗菌製品技術協議会の指定試験機関として抗菌性能評価試験を実施しています。

プラスチック製品等の抗菌性試験

siaa-mark

一般社団法人抗菌製品技術協議会では、JIS Z 2801(抗菌加工製品?抗菌性試験方法・抗菌効果)に基づく性能評価により、抗菌加工製品へのSIAAマーク表示の認証が行われています。QTECは独立行政法人製品評価技術基盤機構よりJNLA登録試験事業者として登録されており、一般社団法人抗菌製品技術協議会の指定試験機関として抗菌性能評価試験を実施しています。

試験方法

○JIS Z 2801:抗菌加工製品?抗菌性試験方法・抗菌効果(フィルム密着法)

film

試験対象菌種

試験対象菌種黄色ぶどう球菌
大腸菌

※それぞれの細菌に対して試験を行う

評価基準

評価基準抗菌活性値 (R )≧2.0

R = (UtUo) – (AtUo) = UtAt
Uo:無加工試験片の接種直後の生菌数の対数値の平均値
Ut:無加工試験片の24時間後の生菌数の対数値の平均値
At:抗菌加工試験片の24時間後の生菌数の対数値の平均値

SIAAマーク取得時の評価基準製品の用途に合わせた持続性(耐水性・耐光性)試験後の抗菌活性値が2.0以上であること
黄色ぶどう球菌、大腸菌のどちらも基準を満たしていること
  • btn-blog
  • btn-useful
  • btn-useful
PAGE TOP