1. HOME
  2. 業務案内
  3. 試験業務
  4. 紳士服外観保持性

紳士服外観保持性

わが国の消費者の多面的かつ多様なニーズに対応するためには、なお一層の品質への取組みが望まれます。
紳士服について、形態安定・形態保持スーツの外観保持性試験を行ない、販売店・製造メーカーに対して消費者に満足いただける商品提供の支援をしています。

紳士服外観保持性試験のご案内

わが国の消費者の多面的かつ多様なニーズに対応するためには、なお一層の品質への取組みが望まれます。
紳士服について、形態安定・形態保持スーツの外観保持性試験を行ない、販売店・製造メーカーに対して消費者に満足いただける商品提供の支援をしています。

紳士服外観保持性試験

製品検査

紳士服外観保持性試験

高温多湿条件の環境試験室に特定期間放置後、歪を評価

紳士服外観保持性試験

スラックスの折り目耐久性評価

試験方法の解説

証明書と検査スーツの添付写真
証明書と検査スーツの添付写真

証明書と検査スーツの添付写真

製品検査

依頼された商品に汚れ、キズ、しわ等がないか確認し、全体のバランスがとれているか、品質を損なう欠点がないかを観察します。

スーツの外観保持性試験

スーツをハンガーに掛け、環境試験室において、温湿度(30℃ 90%RH および 20℃ 40%RH)条件下で放置し、試験後の外観を検査します。
外観検査は、スーツの7つの部位(ラペル、フロント、バッグ、ショルダー、カラー、サイドボディ、スリーブ)、そして表生地の外観(バブリング、波立ち、パッカリング等)を標準写真と照らし合わせ、1級から5級まで等級をつけます。4級以上が合格基準となります。
(IWS外観保持性試験法)

ズボンの外観保持性試験

ズボンの折目に内側からスチームを当て24時間コンディショニング後、折目の山を折目耐久性試験標準判定写真と照らし合わせ1級から5級までの等級をつけます。4級以上が合格基準となります。 (IWS折目耐久試験法)

品質表示は正しく出来ていますか

品質表示は、消費者が製品の品質を正しく認識し、目的にあったものを上手に選ぶための情報となります。
製品の出来映えの良さと安全性の高いことのほかに品質表示が正しく行なわれていて、はじめて良い商品といえ、多様化する消費者マインドを満たすことでしょう。

  • btn-blog
  • btn-useful
  • btn-useful
PAGE TOP