1. HOME
  2. QTECセミナー(中部事業所)2017年・春

QTECセミナー(中部事業所)2017年・春

第47回QTECセミナーのご案内

第47回 QTECセミナーを下記の通り開催いたしますので、茲許ご案内申し上げます。
今回のセミナーは染色堅牢度・物性(現場研修を含む)と表示関係及び繊維製品の基礎をコース1~コース3までの設定と致しました。コース4では、事故事例を解説し苦情対策に役立てていただけるよう設定いたしました。また、コース5では、QTECのベテラン検査員による製品検査の基本とチェックポイントを解説いたします。

日程 課程 定員 講師
5月23日

(火)

コース1

13:30~15:25

各染色堅牢度、物性について(現場研修含む) 16名 浦野 千絵美
5月23日

(火)

コース2

15:35~17:30

各種表示について(組成表示・取扱表示・サイズ表示等) 16名 神宮 実和
5月24日

(水)

コース3

13:30~15:25

繊維製品の基礎「糸から布地まで」について 16名 杉山 昌之
5月24日

(水)

コース4

15:35~17:30

繊維製品の事故事例について 16名 吉崎 明彦
5月25日

(木)

コース5

13:30~17:30

繊維製品の検査と検品体制について
①スーツ・スラックスを用いた重衣料の検査
(13:30~15:15)
②カットソー・セーターを用いたニット製品の検査
(15:25~16:25)
③検品体制のチェックポイント
(16:35~17:30)
16名 鈴木 茂充

小野 忠広

※参加された受講者へは修了証を交付いたします。
※都合により内容等変更する場合があります。

会場 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 中部事業所 別館2F会議室
名古屋市北区志賀町5丁目21-1
地下鉄名城線・志賀本通駅 3番出口 徒歩約10分
※ 駐車場のご用意はしておりませんので、公共交通機関をご利用ください。
参加費
(1名につき)・
払込方法
1課程に付き:1名様につき 3,000円
全課程(5課程)出席される方:1名様につき12,000円
* 消費税込み
お振込みは、受講票到着後下記へお願いいたします。尚、お振込み手数料は貴社にてご負担下さい。
三菱東京UFJ銀行 黒川支店・普通口座 1109667
名義 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 中部事業所
定員 16名(定員になり次第締切)
申込方法・期限 別添用紙にご記入の上、平成29年5月19日(金)までにFAX又はメールにてお申込み下さい。お申込み後、受講票と会場案内図を送付いたします。

参加申込書ダウンロード [PDF][word]

お問い合わせ 総務経理部 鈴木・宮下までお願いします。
一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 中部事業所
〒462-0861 名古屋市北区辻本通1-59
TEL:052-916-8500  FAX:052-916-8512 E-mail : chubu@qtec.or.jp
外観品質の評価と証明

QTECは、製品検査を得意とする検査機関です。豊富な知識と経験を積んだベテランの検査員を擁しています。
製品検査は、百貨店、量販店等の企業基準、官公庁基準、QTEC縫製検査基準などに基づいて、生産工場、商品管理センター、QTEC検査室などで行い、その結果を報告します。
製品検査は、中国、韓国、ベトナム等の海外でも行い、不良品輸出の未然防止に努めています。

QTECが行う繊維製品の外観評価業務は、多岐にわたっています。

外観品質を評価する検査

  • 官公庁等、公的機関納入品の外観品質検査
  • 百貨店、量販店、通販各社納入品の外観品質検査
  • 輸入繊維製品の外観品質検査
  • その他一般繊維製品の外観品質検査

繊維製品を生産する工程それぞれにおいて、検査・指導を行い、消費者に満足をしていただける製品を生産する支援をしています。
製品は持ち込みによる検査は勿論、(国内外の)現地での検査・指導も行っております。

生産の主な流れと検査の対応

  1. サンプルの作成
    サンプルの検査(生産前での改善指摘検査)
  2. 工場調査
    依頼者からの要求による、品質の調査
    (工場が安定した品質で生産が出来るか)
  3. 生産
    生産工程での検査・指導
    抜取検査(ロット及び単発不良への検査及び縫製指導)
  4. (輸出・輸入)
    抜取検査(市場提供への問題点の確認)
  5. (店頭)
    抜取検査(品質保持の確認)

これらの検査は、百貨店、量販店、通販企業、アパレルメーカー、官公庁等が定める検査基準やQTEC外観評価基準に基づいて、生産工場、商品管理センター、QTECの検査室等で行います。また、百貨店、量販店等で販売中の商品検査もいたします。海外では、中国、タイ、ベトナム、インドネシア、韓国等の各国のアパレル生産工場を訪問し、日本へ輸出される商品について検査をし、不良品輸入の未然防止に努めています。

  • btn-blog
  • btn-useful
  • btn-useful
PAGE TOP