ダウンパワーとは

ふとんの中の羽毛のふくらみを1g当りの体積(cm3/g)で示したものです。
一般的に、ふとんの中の羽毛は、常に約1.4kg/m2(約14パスカル)の加圧を受けていると想定されています。(海外基準と同一)
 

*体積「cm3」は、飲料水などの「 ml 」や「 cc 」と同じ容量を示します。

かさ高性試験のダウンパワー測定

新しく改訂された羽毛試験方法JIS L-1903‐2011のかさ高性試験方法では、羽毛の前処理方法と体積の測定方法が追加され、かさ高性測定値の高さ表記(mm)に加えて新たに体積表記(cm3/g)が可能となりました。
そこで、日本羽毛製品協同組合(日羽協)では改訂されたJIS規格に準拠したスチーム前法処理、及び荷重用円盤94.3gの条件におけるかさ高測定値(cm3/g)を「ダウンパワー cm3/g」と呼称し、新しいゴールドラベル基準に用いています。

ダウンパワーと日羽協ゴールドラベル

4つの区分のゴールドラベルが、“ふくらみ度合いによる羽毛品質” をダウンパワー (dp:cm3/g)で示します。  
ニュー エクセル ロイヤル プレミアム
300dp以上 350dp以上 400dp以上 440dp以上
(旧ラベル表示) (120mm以上) (145mm以上) (165mm以上) (180mm以上)

ダウンパワーと羽毛品質

  • ダウン率が高いほど、柔らかでふくらみがあります。
  • フェザーやファイバーなどの混入が少ないほど、ふくらみがあります。
  • 成熟している羽毛は、ダウンボールが大きく、ふっくらして弾力性を増します。
  • 良く洗浄された清潔な羽毛は、臭いもなくふくらみを増します。
    同じ羽毛量(1g)でもダウンパワーが違います。

    ダウンパワーの測定

    JIS L 1903-2011(羽毛試験方法)
    かさ高性試験
    スチーム法で前処理した羽毛30gを、内径29cmのシリンダーに入れ、荷重用円盤94.3gを掛ける。
    そのときの高さを測定し、羽毛の体積を求め、1g当りの体積をダウンパワーとして表す。
    例 かさ高(H)15cmのダウンパワーは?
    面積A=3.14×(29/2)2=660.185
    体積V=660.185×15=9902.775
    ダウンパワーDP=9902.775/30=330.092
    ダウンパワー:330cm3/g
     
    試験の依頼や相談は下記へお気軽にご連絡ください。
    問い合わせ先
    一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
    中部事業所 リビング業務
    TEL:052-602-8520(直通)
    FAX:052-916-8512(直通)
    e-mail:chubu@qtec.or.jp


  • ページのトップへ移動

    Powered by Etomite CMS.